杉並区今川の地域のかかりつけ歯科医・入江歯科医院
ブログ
  • HOME »
  • 院長のコラム

院長のコラム

メッセンジャーの昼食

一昨日ぐらいの1ch「サラメシ」にメッセンジャーガールが出てきました。 時間がないので、朝、米を1.5合炊いて、7つのおにぎりにしてラップに包んで、合間に食べて売るそうです。 1日(多いとき?)150km走るそうなので、食べないと、「ハンガーノック」と言う判断力が鈍る現象で事故になりやすいそうです。 自転車ロードレースの話「シャカリキ」で聴いた言葉がこんな所に出てきました。 1個4分の1合ですから、おにぎりとしては小さめ、信号待ちでもたべるそうですから、丁度良いサイズなのでしょう。 私の夕食は、少なめなときこのくらいです。(特に9時近く、又は過ぎたとき) 白澤先生の話は、水を1日2000ml飲むようにとのことです。少し筒飲むために、いつも手元に、お茶か水を置いておくようにとのことです 私の場合は、いつも、ペットボトルの水を持っています、。 自転車の影響もあります。 飲む以外に、うがい、手を洗うなどに使います。 少し重いので最近、量を半分くらいにしています。前もって少し飲む。  参照:100歳までボケない101の方法、文春新書、 p65より。

 

緑茶のカテキンで、老人斑現象、がん予防効果

100歳までボケない101の方法(文春新書)p54より   お茶どころでは、毎日10杯以上お茶を飲む。 胃がんの出なくなる割合が、全国平均の5分の1(静岡県川根町)  どれくらい飲めばよいは、研究途上だそうです。  認知症で出てくる老人斑の研究では、マウスの実験(老人斑が約半分に減少した。)ですが、 60kgの人に換算して、1日500ml飲めば良いようです 。  

ビタミンEは野菜や果実からとる。

杉並区今川の入江歯科院なが長の入江毅です。  100歳までボケない101の方法(文春新書、白澤卓二著)p51より   酸化を防ぐビタミンE のアルツハイマー病の予防効果についてですが、サプリメントでは効果がないそうです。 他の効果はあるのでしょうが、長年、アリナミンEX,ユベラ300を飲んできたわが家族としては、ショックです。 多いのは、煎茶の茶葉、トウガラシ、アーモンド、抹茶、サフラワー油だそうです。(治療効果はない。) 煎茶は、毎日、たくさん飲んでいますので一安心です。 

ママmチャリでヘルシーサイクリング

すこやかファミリー10月号より 協力:慶応大医学部 松本 秀男氏。 サドルをつま先が着く程度まで上げる…漕ぎやすくなる。   空気をしっかり入れる。・・・走りが軽くなる。 パンク予防効果もあり(急ブレーキの時)。   週2,3回。 1回20分以上。(4,5km)

骨盤を引き締まる体操

白澤卓二氏の本「100歳までボケない・・・」(文春新書)p180より   トイレを気にせづ外出するために。  床に仰向けに寝て、両膝を立てる。 肛門をギュッと5秒間そのまま。 力を抜いて10秒休み。 5回繰り返す。 力を入れる時、お腹の力を抜くこと。 呼吸は止めないように。 イスに座ってもできる。  骨盤底筋体操と思われますが、この方法は初めてです。 姿勢の維持にも大事な体操です。 当然、口の咬合にも関連します。

バランスボール体操

100歳までボケない1010の方法(文春新書、白澤卓二著)p184より   ボールの大きさは、背筋を伸ばしてすわり、ひざ90度になり、太ももと床が平行になるもの。    坐骨がまっすぐボールに突き刺さる用に座る。 手を広げる。肋骨を締めるように両腕を前に持っていく。 背中の筋肉を引きずりおろす。背中の筋肉をまっすぐに下に下ろす。(間隔がつかみにくいときは、反対に肩を上げてから、おろしてもいい。)

三浦敬三氏の朝の首の体操

100歳までボケない101の方法(文春新書、白澤卓二著)p178より   三浦雄一郎氏のお父さんです。 日野原重明先生が感心して、自分でやろうと思った体操です。   ベットに座ったまま、まっすぐ背筋を伸ばす。 ゆっくりと首を前に倒す(あまり無理をしないで倒せるところまで)元に戻す。20-30往復。  天井を見るように、首を後ろに倒す。(無理しない) 元に戻す。20-30往復。  首を左右に倒す。やはり、無理せず、20-30往復。   首をゆっくり回す。右回り15回。 左回り15回。 力を抜いて、ゆっくり気持ちよく。

座ってできる肺を強くする体操

2012.9.29(土)朝日新聞e5「元気のひけつ」より   筋力強化・・・口をすぼめて息を吐きながら6秒間(両手は真横に伸ばす。 同じく6秒吐きながら、両手を前に伸ばす。 各10回。   有酸素運動・・・いすに浅めに腰掛け、ひじを曲げ、腕を振りながら、足踏み2分間。3セット。   ストレッチ・・・頭を後ろにそらし、両手を後ろに引き胸を広げ息を吸う。 吸いきったら、両手と頭を前に曲げ、息を吐きながら、背中を丸める。5セット。  全身と横隔膜を鍛えられるそうです。  COPD体操というそうです。  COPD・・・慢性閉塞性肺疾患   

健康7か条

100歳までボケない101の方法(文春新書、白澤卓二著)p138より   あるスポーツクラブの少し高年齢向けのクラスの参加者が、女性インストラクターに教わったそうです。   1日20分歩く。  声を出して新聞を読む。   料理をする。   2日前のことを思い出してみる。   人と積極的に会う。   公共の乗り物を利用する。   恋をする。   の7つだそうです。

美と健康のアンチエージング

東京メトロの食べ物特集(ボンジュールメトロ、秋の味覚)の巻末より   食事の最初は生野菜(いまや定番です)   動物性たんぱく質は少なめに(腸を休ませるためです)   炭水化物(適量)とるなら、雑穀米(白米より)、全粒粉の小麦粉、そばなど   ミネラルをしっかりとる。(ナッツなら大匙1杯)  グリーンスム-ジー(キャベツ、 レタス、水菜、トマト、りんごなどを適当に切り、ミキサーにかけて飲む。繊維質も入れて。 野菜ジュースではいけないのでしょうか?) 講師はカイロプラクター?の勝田小百合氏です。

井上ひさしの日本語教室

日本語教室(故、井上ひさし著、新書)を読みました。 英語は、聞き取りができて、発音は気にせず、伝わればよいと強調していました。 それよりも、日本語の文章(名文?)をよく読み、自分の考え方を作るべき、とのことでした。 仕事で、会話の必要性から、勉強中の方からは非難の言葉が出るかもしれませんが。  前に、上智大学の4回連続講義の文書化だそうです。

デザイナーフーズ・プログラム

アメリカ国立がん研究所の調査によるがん予防効果の高い食品のことです。 一番上には、ニンニク、キャベツ、大豆、しょうが、にんじん、セロリ、甘草があります。  2番目に、たまねぎ、茶、ターメリック、全粒小麦、亜麻、玄米、かんきつ類(オレンジ、レモン、グレープフルーツ)、なす科植物(トマト、ナス、ピーマン)、アブラナ科植物(ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ)が入ります。  「100歳までボケない101の方法」(文春新書、白澤卓二著)p67より  杉並区今川の入江歯科院長の入江毅です。

タオル体操

杉並区今川の入江歯科院長の入江毅です。

昨日の3ch午後8時からの「すこやか長寿」より

講師は順天堂大学名誉教授の武井正子氏です。
タオルを両手に持ち、手の間隔を適度にたもちながら、息を吐きながら、伸ばす体操です(曲げも一部ありました)。  両手にタオルを持って、息を吸いながら手を上に上げ吐きながら下ろす。2,3回位。  上げたまま、左右に曲げる。2回づつ。
手を前にして、左右にひねる。左右2回。
手を前にしてから、伸ばしたまま、息を吐きながら前屈する。
半分戻す。 2回。 すべて、息を吐きながらするのが大事だそうです。
また、手を視線で追うと、よく動くとの話がありました。  タオルを2つに畳んで片手に持ち、前後に大きく振る。タオルを目線で追うように。前で左右を持ち替え、左右2回づつ位。
胸の前でタオルを横に持ち、ピンと伸ばして、片足立ち。 左右2回づつ。
以上を音楽にあわせ、運動し、最後にもう一度、手の上げ下げの呼吸をして終わる形でした。
覚えやすく、うまくいけば普及するかもしれません。

2013.2.21 Eテレで同じ講師による タオル体操の改良版の記事は、  サイト内検索で、「タオル体操」を検索してください。

ネバネバメニューが老化を防ぐ。

東京都杉並区今川の入江歯科院長の入江毅です。  前回と同じく、「100歳までボケない101の方法」(白澤卓二著、文春文庫)p23より   納豆、オクラ、長芋などのネバネバしたものは、ムチンと呼ばれ、糖質と結びついて糖の吸収を遅らせる。糖質が血液の中に入って、一気にインシュリンを出すのを防ぐ役割がある。 糖尿病を防ぐことになる。   納豆に、オクラ、シラス干し、卵、大根おろしのどれかを加えると副食になる。 それでもダメな方は、顆粒状の補助食品もある。  例として、三浦敬三氏(三浦雄一郎氏の父、100歳を過ぎてもスキーを楽しんだ。) は、朝食に納豆などのネバネバ食品を欠かさなかった。                                                                                                                                                    

朝食抜きは肥満のもと

杉並区今川の入江歯科院長の入江毅です。  100歳までボケない101の方法(白澤卓二著、文春新書)p19より  朝食を抜いたまま昼食を食べると、血糖値が一気に上がり、2-4時間後に急降下する。 何か甘い食べ物が食べたくなる。 血糖値は、急上昇し、2-4時間後に急降下する。 これを繰り返すと、血糖値を下げるインシュリンが、糖分を取るようにひんぱんに支持を出し、ついには、脳が暴走して、甘いものを常に食べるようになる。(肥満街道まっしぐら)  食べないことが肥満を招く。 朝食を絶対抜いてはいけないと結論しています。 朝食はパンよりご飯(多糖類)が良いそうです。(エネルギーになるのに、少し時間かかる)(私はパン。前の晩に用意すれば良いそうですが? 夕食は軽めにして、午後9時以降は極力食べないようにはしていますが?)  朝食には、でんぷんと果糖がかかせない。(朝の果物は金)

過呼吸に紙袋はだめ!

2012.8.29の1ch「ためしてガッテン」より   今川入江歯科院長の入江毅です。  よく言われる紙袋がダメと聞き、HPで調べました。(番組は終わりのほうしか観ていない。)  応急処置として、息を吐くことを意識する。吸うと吐くは、1対2くらい。  1回吐く時間は10秒位に。  胸や背中をゆっくり押して、ゆっくりした呼吸を促す。  詳しくは、NHKの「ためしてガッテン 過呼吸」で検索。

  

糖尿病の新療法

東京都今川の入江歯科院長の入江毅です。  昨日の1CH「クローズアップ現代」より   880万人の患者(予備軍2200万人)と言われる糖尿病の新療法が紹介されていました。   1.糖質のみ減らす。(半分程度、自己流はダメだと強調されていました。 食生活を良く調べ、管理栄養士に適切に管理されることが必要。 個人によりメニューが違うようです。)   2.早期のインシュリン療法(一般化しつつある。)  3.胃のバイパス手術(アメリカの例で、日本人には良く検証が必要として、否定的な論調でした。)  

足は20才台から衰える。

杉並区今川の入江歯科院長の入江毅です。  今、「病気をよせつけない足をつくる」(湯浅景元著、草思社)読んでいます。  最初のほうに、老化は足から始まるとあります。 しかも、20歳代から低下するグラフは、驚きました。(背筋は30歳代から、腕力は40歳代から)  20歳台の筋力を100%とすると、 60歳代のとき、握力は88%、背の筋力は80%なのに対し、足の筋力は52%とほぼ半分まで低下しているそうです。  それだけでなく、バランス能力は27%、持久力は73%、敏捷性は73%と落ちているそうです。  そこで足を鍛えましょうとなるようです。  中身は、これからです。  

食べ方にも工夫あり。

杉並区今川の入江歯科院長の入江毅です。  同じく「長寿スイッチでアンチエージング」(NHK,講師・白澤卓二氏)より(p54)    1.腹7分目(まずは、食事なら1割減、体重なら5%減。)  2.粗食はダメ。(たんぱく質、脂質も適度にとる。その他、バランスよく。)  3.油は選んでとる。(オリーブ油、魚・クルミの油、えごま油、しそ油、亜麻仁油など)  4.朝食は抜かない。  5.1口30回  6.食べる順番は、野菜→肉→ご飯(サッカーの三浦カズ、長谷部選手がこれを実行していて、驚きました。)  7.肉と魚は1対1  8.魚は刺身が一番。  9.蒸し料理としゃぶしゃぶがお勧め。  10.皮ごと、骨ごと食べる。  11.ねばねばメニューで血糖値を上げない。  12.塩分を控える。(1日8g。 漬物、インスタント食品を控える。 揚げ物にレモン、ラーメンのスープを飲まない、など)  13.女性は意識してカルシウムをとる。  14.和風、洋風、中華風など、さまざまな料理を食べる。(バランス整う。)  15.自分で料理を作る。(脳のトレーニングになる)

 

脳と心の老化を防ぐ10か条

東京都杉並区今川の入江歯科院長の入江毅です。 NHKテキスト、まる得マガジン「長寿スイッチでアンチエイジング」より(p42)   1.人と交流する。  2、未来日記(予定表)を書く。  3.運動をする。  4.旅行をする。  5.歯を大切にする。(噛むことで脳の血流や代謝を促進。よくかむと出る唾液には、老化を予防するホルモンが含まれる。 かかりつけ歯科医のいるかたは、寿命が長いというデータあり。本も出ています。)  6.いやなことはどんどん忘れる。   7.芸術、音楽、自然にふれる。(料理、創作活動なども)   8.指や顔を動かす。(手作業、楽器の演奏、笑顔をつくる。)  9.本は声を出して読む。  10.ときめきを忘れない。    参考:「 なぜ、かかりつけ歯科医のいる人は長寿なのか?」(ワニブックスPLUS新書、星 旦二著、840円、アマゾンですぐ見つかります。)

中年からのアンチエージング10か条

東京都杉並区今川の入江歯科院長の入江毅です。  白澤卓二教授のNHK、DVDより  1.動物性たんぱく質をとる。 2、コレステロールの管理  3.脚を丈夫に  4.自分の健康に自信をもつ。  5.記憶力を高める。  6.中年はちょいやせ。高齢は中太り。  7.タバコをやめる。  8.酒は控えめ。(日本酒なら1合、ビールなら大瓶1本、ウイスキーならダブルで1杯。)  9、血圧の管理。(塩分控えめ、野菜、果物を多くとる。)  10.社会と関わる活動に参加する。(情報収集と関心ある活動に参加する。)  参考:NHKテキスト・まる得マガジン「長寿スイッチでアンチエイジング」

坐骨を立てて座る。

白澤教授のアンチエージングDVD(NHK)より  イスに座ってする運動です。 お尻の下に手のひらを置き、坐骨を感じる。 坐骨を立てるのが良い姿勢。(運動担当の方は、坐骨を突き刺すと表現していました。)  背中を丸めると前に、背筋を伸ばすと後ろに動くのがわかる。 この前後運動をゆったりと行う。 また、同じ様に、左右に坐骨を揺らす。 それができたら、まわす運動をする。   これらが十分できたら、20-26cmのエクササイズ用ボールを使って同じことをする。 わき腹にボールを挟み、息を吐きながら押す、吸いながら押す運動もありました。  みぞおちの前で、ボールを持ち、息を吐きながら前に伸ばしていく運動、もありました。 ボールを持つ高さで、鍛える筋肉が変わっていくそうです。  なお、椅子でボールを使うときは、両手で椅子の下を持ち、転倒に注意しましょうとのことです。 

インターバル・ウォーキング

白澤教授のアンチエージングのDVDより   杉並区今川の入江歯科院長の入江毅です。

普通歩き3分、早歩き(全力の70%)3分を交互に繰り返し、30分続けることです。 筋肉をつけるには、ある程度の運動強度が必要なこと、無理をさせないことから、考えられた方法のようです。

塾大メイト・・・信州大学と民間企業が共同開発した運動機器。加速度センサーで速度を正確に測定する。最速歩行スピードを測、その70%を記憶し、チャイムで知らせる。(すこやかファミリー2005.10月より)

呼吸器、心肺機能の向上が得られるそうです。

口角を上げる

今川の入江歯科医院院長の入江毅です。 今、石原明氏の「ビジネスは3人称で考える」(大体そんな感じの題名)と言う本を読んでいます。 その中に、自分の写真を全身と上半身を撮ってよく見るようにとの指示がありました。 (その他に、自分の声の録音をとる。音声付のビデオを撮ってみるがありましたが、恐ろしくてできません。) 写真を撮って見た感想は、「つまらなそうな感じ」です。印象が悪そうで、何とか対策を立てなければなりません。 そこで、思い出したのが、なでしこジャパンのFW大儀見優希(旧姓永里)選手の記事です。 チームの戦術とかみ合わない悩みを抱えていたときに、スポーツトレーナーであるご主人からのアドバイスは、「口角を上げる」だけ。 そういえば、失礼ながら、無表情の印象がありました。 プレーにどんな影響がしたかは、書いてありません。 チームになじんできたことは間違いありません。 まったく関係ありませんが、私も口角を上げようと思います。

ひざ、腰、肩のロコモ体操

すこやか長寿の録画にありました。 岐阜県くよう町、講師は湯浅景元氏です。 司会が、広瀬久美子アナなので、だいぶ前と思われます。 一番、見落としたのは、仰向けに寝て、ひざを立て10分休ませる体操の後に、頭と肩を上げ、へそを見るようにして7秒3回の腹筋運動です。 また、肩の運動は、手を軽く握り、首をつぼめるようにして、ひじも曲げ、息を止めず10秒力を入れて、「ハーッ」と息を吐く。 ひざの運動は、イスに座り、足首を組み、ひざを十分広げて、上下の押し合い7秒、足を反対に組み7秒、左右3回づつ。 これで筋トレとストレッチになるそうです。 もうひとつ、ウォーキングの仕方がありました。 上体はまっすぐ、遠くを見るようにして、軽く手を握り、ひじを少し曲げ、少し斜めに振る。(少しいやいや歩きの感じ) ひざは伸ばし気味に歩く。できれば、歩幅は広めにする。  前にも書いたはずなのに、ずいぶん抜け落ちていました。 湯浅先生の最近の本では、座る運動3種のみになっています。

自宅でのロコモ体操3

東京都杉並区今川の入江歯科医院の院長、入江毅です。  ずいぶん簡略化しました。 1.片足立ち、左右20秒づつ、3回。 2.イスに座ってゆっくりひざ上げ。片方づつ上げる。 左右30回。 3.イスに座ったまま、両手を組んで、太ももの間に置く。かかとをあげ、太ももで、両手をはさむように。7秒間保持。休み を入れて3回。     物足りない方は、これに、湯浅景元先生のイスに座ってする3つの体操を加えても良いと思います。 サイト内検索で出ますが、概略は以下の通り。  手を振りながら、その場足踏み3-5分。 足首を組み、ひざを開いて、上下に押し合い7秒。休みを5秒入れて、左右3回づつ。 息を吐きながら、上体を前に倒して、手を前にたらし、床に着くように。(着かない方はできる化け)。息をしながらそのまま、15秒。3回。                                                                                                                                                                                         

老筋力その2

東京都杉並区今川でかかり付け歯科医として治療に取り組む入江歯科院長の入江毅です。   老筋力を読んでいます。 まだ、5分の1位ですが、重大な記述がありました。 高齢者の筋トレまたは、運動の場合、 痛みは3、4日後に出るそうです。 本人にも自覚はないので、運動の強さの加減が難しくなるようです。 良く動いた翌日は、メンテナンスにあて、休養をすることだそうです。  機械にたとえて、古くなりさびが出た機械は、注油などのメンテナンスをして無理をしないように、調子を見ながら使うことだそうです。 当然、痛みが出たら、運動は中止です。( 高齢者の運動の難しさから、昔は運動をさせなかったそうです。)

老筋力

きんさんの筋トレを指導した久野信彦氏の「老筋力」(祥伝社、580円)が届きました。 単行本版は、2008年に出ているそうです。(クノンボールは昨年買いました。) 内容はまだですが、筋トレを成功させるヒントが目に付きました。 楽しんでする・難しいことをしない・痛いこと、無理なことをしない・意識、目標を持つことだそうです。 100歳を過ぎてから初めて効果( 歩く)があったそうですから、何か参考になると思います。

自宅でのロコモ体操、その後

いすでひざ上げ左右30回。 いすにすわり、両手を組み、太ももの間に置き、両かかとを上げたまま、太ももで手をはさむ。7秒間。休みを入れて3回。 片足立ち、左右20秒づつ。3回。

全身におよぶ糖尿病の合併症

「これでわかる糖尿病の予防と対策」p14(歯科医師会より資料として届く)より   合併症を誘発する最大の要点は、長期間にわたり高血糖状態を放置することです。 3大合併症は、網膜症・腎症・神経障害です。(早期発見し、生活習慣を改め、血糖値を良好にコントロールするのが最良の処方箋)  これに、近年、大血管症増えている。(食後の高血糖をしっかりコントロールすることが大事)   

噛みあわせとテニス

 東京都杉並区今川の地域のかかり付け歯科医として治療に取り組む入江歯科院長の入江毅です。  ばねがゆるんだと、前紹介した40才台のテニス選手の方が来院しました。 歯にえくぼを浅く掘り、レジンコーティングしてばねを締めました。(他の手はありませんので) サーブが強くなったとのことです。  噛みあわせもバランスが良くなったことにより、つながっている僧帽筋、肩甲骨の動きを妨げる要素がなくなることにより、サーブのときに、肩甲骨まで、腕として使い切る(別の言葉で言えば、体幹筋を十分使える)ことで、威力が増したと、推定できます。(推測です。あとは、運動科学者にまかせます。) 参考:猫背は直る!・高岡英夫先生の本・湯浅景元氏の本など。

安眠のためのストレッチ

東京都杉並区今川でかかり付け歯科医療に取り組む入江歯科院長の入江毅です。  昨日のEてれ(2ch)の午後8時半の「きょうの健康」より   両肩を上げ下げする(2,3回)   反対のこめかみをてで押さえ、いきを吐きながら、ジワーと首野分を伸ばす。(反対も、首はデリケートなのでゆっくり動かす)   手を横に伸ばし、手のひらは外側に。 左右反対周りで手首を回す。反対回しもして2,3づつする。  仰向けに寝て、片方づつひざ下を手でもって、胸をひざにひきつける。(息を吐きながら)(腰の痛む人は無理しない。体幹にきく) などありました。 興味のあり方は、「きょうの健康 安眠」で検索。 

甲野善紀の暮らしの中の古武術活用法

東京都杉並区今川で地域のかかり付け歯科医療に取り組む入江歯科院長の入江毅です。  今、待合室にも置いてある暮らしの中の古武術活用法を読み直しています。(自分用にもう1冊あります。)  半分くらいはおぼえているのですが、けが、危険から身を守る(走っている自転車をよけるなど)・介護に使えます。 甲野先生の技は、現在は進化して、少しやり方が変わっているようですが、十分使えます。  興味のある方は、古武術介護法(DVD付き、岡田慎一郎著)、古武術で毎日が楽々(荻野アンナ著)も参考になります。 スポーツへの応用を目的にした本もあります。(題名、著者は出てきません。)

風鈴台とモビルバードの設置

東京都杉並区今川で地域のかかりつけ歯科医療に取り組む入江歯科院長の入江毅です。   前に言っていた風鈴台ですが、震災前にしまったため、一時行方不明でしたが、運良く出てきました。 早速、マンボウのミニ風鈴に、今年は、サンリオの金魚の風鈴を組み合わせて、待合室の下駄箱の上に置きました。 エアコンの風で、少しは鳴るでしょうか?   また、前から自室に吊っておいた、モビルバードを診察室の天井に取り付けました。 未塗装で、木の地肌がでてしぶいのですが、目立たないとの声がありました。 少し中央よりに移しましたが、落下の危険から通路を避けています。 両方とも、今、完成品を注文していますので、良いようなら、取り替えます。

日食グラスに注意!

東京都杉並区今川でかかりつけ歯科医療に取り組む入江歯科医院院長の入江毅です。  昨日の朝日新聞より   日食グラスを蛍光灯またはLEDライトにかざして、形がわかるものは使わないようにとの注意が出ました。  日食グラスは、60種以上出回っているので、21日の金環食までには、調べきれないそうです。 私はアマゾンから買ったのですが、大丈夫です。 また、アマゾンからメールで、長時間は使わない、光学機器(双眼鏡、望遠鏡、カメラなど)と併用しない、つけたまま歩行、運転しない、子供に一人で使わせないとの、追加の注意が今日届きました。

大人のラジオ体操

「実はスゴイ!大人のラジオ体操」(講談社、DVD付き、1260円)が届きました。 前に、湯浅景元先生の似た題名の本も買いました。 内容は、これからですが、バレエ、ヨガのミニレッスンもついています。 気になったのは、第一の深呼吸の前の体操です。 手を横に振るだけのなんてことない動きに見えますが、足をつくのは、1瞬だけで難しく(正しくやると)、骨盤底筋を鍛える体操だそうです。 (体操の最後にあるのでなおさらきついそうです。 これを正しくできている人はほとんどいないそうです。)  よく読んでみたいと思います。(毎朝やっているのですが)  

歯軋りにもゆる体操

東京都杉並区今川でかかりつけ歯科医療に取り組む入江歯科の院長入江毅です。

歯軋りのあるかたの根管治療(神経のあった所をきれいにして緊密に封鎖する)をはじめました。

噛みあわせが落ちている間に、寝ゆる3点セットのプリントを渡し、やってもらうことにしました。 背中がゆるみ、肩が柔らかくなり、あごの筋肉もゆるむという見当です。

あごのくせとこりをとる体操のプリントも渡しました。 IT関係の方なので、3つ目に、骨盤背もたれも考えていますが、様子見です。

口を閉じても、歯はかみ合っていません。( 安静空隙という。) 子供のときからの習慣で、噛んでいるものと思い込むと、癖になります。 小学生のころから、口を閉じても、歯を噛んでいないことを教える必要があるかもしれません。(検診で歯軋りする小学1年生で歯軋りするとのお話がありました。父親も歯軋り。)

新医療法規制とモバイルサイト

杉並区今川の入江歯科院長入江毅です。 昨日、八重洲口の会場でIT講習会がありました。 やらせメール事件に関連した新医療法規制(広告規制)の話では、誘因性が重要で、情報提供ポリシーの記載がこれから必須になるとのお話でした。 医療機関HPマル適マークが検討されているそうです。  メモして、ニーズに即したコンテンツが多ければ、多いのどよい。 グーグルファーストビューを参考に。 地域キーワードの重要性、書評を書こう、アクセスページの重要性、グーグルプライバシーポリシー、モバイルサイト(モバイルサイトの仕組みも学び、悪徳業者に注意)など盛りだくさんの内容でした。 時間が超過するのも当然です。 

多少太っているのは、メリットあり。

杉並区今川にある入江歯科医院院長の入江毅です。  免疫力の上がる生活、下がる生活(PHP文庫)p174より  病気や食欲減退などであまり食べられない時期も、体に脂肪という貯金があるので乗り切れるそうです。(やせていると、乗り切れないことあり。)  もちろん、太りすぎは、ひざ、腰に負担がかり、運動不足になりやすく、心臓にも負担かかる。 40才台では、がんばれても、運動不足だと、体力面では落ちてきているので、週末には運動したり、ゆっくり休養が必要とのことです。  40歳代での健康に注意する生活を送るかどうかで、50台以降の生活は大きく違うそうです。(40歳代で病気もちになるかどうか) 

骨盤背もたれ

杉並区今川にある入江歯科院長の入江毅です。 ブックサービスの今月の栞2月号の中に見つけました。 腰にあてるだけ!骨盤背もたれクッションダイエット(集英社、1105円、クッション付き)です。 体のゆがみを矯正できるそうで、姿勢が良くなるにではと期待しています。 結果的にダイエットになると思われます。 中身はこれからです。 クッションの見た目は、背もたれ用にしては、丸みを帯びているように感じます。 まずは当てる事から始めてみます。  これを使った運動もあり、 5-10分の制限があるようです。(

(背もたれとしてのみの使用なら、何時間でも良いそうです。)

メール用のパソコンがXPから7に変わります。

最近、ずっとXPの動きがにぶっていました。 替わりのウインドウズ7はとうの昔に買ってあったのですが、設定が面倒で、前のXPをメール専用にして何とかしのいでいました。 メールの確認が遅くなり、ご迷惑をかけたかたもいるようです。 7になり間違いなく速くなりました。 こちらの慣れにまだ問題がありますが、何とかなりそうです。 

骨盤エクササイズ

杉並区今川にある入江歯科院長の入江毅です。 今朝の朝刊からです。  2012.4.28 朝日新聞土曜Be(e5)より   骨盤の傾きを直すことだそうです。   家庭でできる骨盤エクササイズが4つ紹介されています。 効能は、脂肪燃焼、体型矯正、肩こり解消、腰痛予防です。  1.ヒザと同じ方向になるように、柔軟性に合わせ腰を下ろす。  2.床に足を伸ばして座り、坐骨をつけたまま前後移動(腰が伸びない時は、ヒザをまげてもOK)  3.仰向けに寝て、肩、骨盤を固定して、片方づつ4.足を大きく回す。    4.仰向けに寝て、ヒザを90度位に曲げる。お尻をゆっくり上げ下げする。(ヒザからみぞおちが一直線になるようイメージ、首に負担をかけないように)   あと、6種類ほどあるようです。(神奈川スポーツセンターの骨盤エクササイズの場合)  この4つなら、危険はなさそうです。 {前に、安心(爽快?)の中の4つの骨盤体操を一気に試して、体調を悪くしたことがあります。 やり過ぎに注意です。}   始める前にメニューの説明を受けることを勧めます。(整形外科医の寺尾友宏氏)   またか、と言われそうですが、無難なのは「ゆる体操」と思います。(サイト内検索で、「ゆる体操について」)

まごわやさしい

今日のラジオ第1の午前5時40分頃。 肌の健康について   講師は愛育病院の山本和也医師です。  それによると、肌の良い食事は、豆類、ゴマ、ワカメなどの海藻、野菜、魚、しいたけなどのきのこ類 、いもです。  頭をとって、「まごわやさしい」です。

8の字体操

「免疫力の上がる生活 下がる生活」(PHP文庫、安保徹著)を読んでいます。  その中に、毎日出来る健康体操として、8の字体操、腕振り体操(後ろに振る時に力を入れ、前は反動で良い。)、屈伸運動、開脚屈伸運動、揺さぶり運動(揺すりながら、交互に手でお尻をさわる。太極拳のシュワイショウを小さくした感じがする。)、腕立て伏せ(低鉄棒での斜め腕立てでも良いと思う。)の6つがあげられています。(安保流5分間健康体操)   最初の運動は、足を肩幅に開き腕を挙げ、ひねりを加えながら8の字を描く。 ゆったりと体を揺するのコツだそうです。  オラウータンの朝の動きから連想したそうです。 なにやら、阿波踊りにも似ているような気がします。  著者は体重を減らさずに、体脂肪を大幅にへらしたと、言っています。

ピンピンコロリ体操2

「ピンピンコロリ体操」(世界文化社、湯浅景元著)を読みました。  大体つかめました。 イスに座って、3-5分足踏み・ 足を足首で交差させて上下に押し合い、7秒、左右3回・ 上体を前に垂らして、15秒保つ。休みを入れて3回の3種のみです。 これに、症状別に運動を加えるようです。  メインの3種は、1セットから初めて、3セットでも良い、そうです。 簡単で、危険がないのは確かです。  毎日続けることが大切と、強調されていました。   詳しくは、本で確かめてください。  自宅でやってもらう時は、これにヒザ伸ばし(7秒左右3回づつ、ヒザ痛予防)、イスに浅く掛けて、かかとを上げて、太ももを締める体操(7秒,3回)を加えています。  なお、足踏みが一番辛そうです。 最初は、上げる高さ、テンポを調整してできる範囲から徐々に上げて行くことになりそうです。 (出来る人は、上体の捻りを入れても良いそうです。)

ピンピンコロリ体操

注文していた「ピンピンコロリ体操」(湯浅景元著、世界文化社、1260円)が、届きました。 座って出来る体操で、粘り強さ、力強さ、柔らかさが、身につくそうで、期待しています。   最近、体を支える足の強さと、仰向けに寝て、ひざの上にふくらはぎを置き、縦に(前後に)動かす運動の大きさ(動かしやすさ)の関係に気づきました。 大きく動く足のほうが、しっかり体重を支えられる。 腸腰筋が鍛えられる体操だそうですから、当然なのでが、これ一つで、両足の力がつけば、と思っています。 これに、湯浅先生の体操を加え、何とかしたいです。  参照:ゆる体操で一生介護いらず!(講談社、高岡英夫著)  サイト内検索で、「ゆる体操について」(朝日新聞の記事の要約で、ゆる体操の基本3種が書いてあります。)   ネット検索:「運動科学総研 高岡英夫」

ねこ背は治る2

杉並区今川の入江歯科院長の入江毅です。  「ねこ背は治る!」を読み終えました。 手は、肩甲骨から、足はみぞおちの下から、という意識で動きが変わる。 また、肺は、思っているより、広く、鎖骨の上、肋骨の下、後ろは背中まで、分布している。  これらを、効果的なイラストで示していて、 頭のイメージさせることで、 呼吸は深く、動きは良くなると言っています。   特に、気になったのは、足をみぞおちの下まで意識することで、 歩くだけで、腸腰筋が鍛えられるということです。  うまくいけば、「歩くだけでは衰える」を越えられると思います。 (筋トレも必要とは思いますが)

ねこ背は治る!

ねこ背は治る!(自由国民社、1470円)を読んでいます。 ヒザ立ちをすると、ねこ背にならない。 また、肩幅に足を開き、頚骨で立つ(かかとより2,3cmで内より)と、ねこ背にならないそうです。 後半の方は、本をよく読んで、正しいやり方を見てください。 呼吸を深くする、イメージトレーニングもありました。

逆ベクトルの目線

杉並区今川の入江歯科院長の入江毅です。 頼んである本が届くまで、NHKテキスト・100分で名著「徒然草」から、気になる言葉を書いてみようと思います。  p69ページです。   自分をいろいろな方向から眺め、つねに自省を怠らないこと、と言う意味だそうです。 では、原文の現代語訳を。 「自分の知恵を持ち出して人と争うのは、角のある動物が角を傾け、牙のある動物が牙をむき出して噛みつくのと同類である。 人間としては、自分の善を誇らず、人と争わないのを美徳とする。・・・中略・・・ ひとつの道に本当に卓越した人は、自分で明らかに自分の欠点を知っているので、志はいつも満足することがなく、最後まで人に自慢することがない。」   自省したいものです。 また、「本当に知り尽くしている道に対しては、必ずものの言い方を慎重にして、相手が尋ねない限りは、発言しないほうが、ずっと優れている。」  能ある鷹は爪を隠す、と著者は言います。    参考文献:NHKテレビテキスト・100分で名著「徒然草」(NHK出版)、「へたな人生論より徒然草」(河出書房新社、荻野文子著)

自転車の後ろブレーキが効かないと怖い。

先週の木曜日の朝、走行中に、後ろブレーキワイヤが切れました。 帰るまで徐行で行くのですが、下り坂は、ブレーキで止まれません。(無理に止めようとすると、お尻を後ろにづらしても前につんのめります。)  前に、ピストバイクで、前輪ブレーキ付きのチラシを見たことがあります。 後ろもあるていど、足で減速できるのでしょうが、とても怖くて乗る気になれません。 最近の交通事情では、全ての交差点で徐行して、しかも前の点滅ランプは日中でもつけます。 (幸い、家に予備のワイヤがあったので交換しました。)

本日の入江歯科3.30:歯をつなぐ時の注意

杉並区今川の入江歯科院長の入江毅です。   歯の動揺が大きい時、歯をつなげる事があります。    あまり動揺が大きい時は、ある程度のたわみ、あるいは遊びをつけるようにしています。(2ヵ月後に根元がが腫れて、膿みだしをしたことがあります。)   調整はできるだけしますが、もう一度来てて頂いて、チェック、調整が必要と思っています。   また、つなぐ時に、歯の隙間を埋めてほしいとの要望も多いのですが、隙間は目立たなくはしますが、必要です。 けして、ビッシリ埋めてはいけ ないことをご理解願いたいと思います。(清掃性が落ち、歯肉の晴れ、虫歯の誘発を招きます。)

本日の入江歯科3.27:抜歯もします。

杉並区今川の入江歯科院長の入江毅です。  出来るだけ残そうとしますが、残す方が、長持ちしない、又は、治療が苦痛を与えそうな時は、歯を抜く選択もします。  良く相談して決めています。  抜いて入れ歯を直したほうが、咬めるということも多いのです。(全ての例で当てはまる訳ではありません。)

本日の入江歯科3.23:入れ歯の効用

杉並区今川の入江歯科の院長、入江毅です。  前回、小さい入れ歯の話をしましたが、 その患者さんの続編です。 40歳代の男の方で、スポーツマンです。 できるだけの調整はしたものの、入れるのを嫌がるのではと、思っていました。 ところが、具合が良くよくかめるそうです。 一安心です。 その上、関節雑音がなくなった、バランスボード上で安定するようになった、プレーの安定感が増した、良く眠れる、とウソのようなお言葉。 うれしい限りです。  患者さんには、左右の筋肉のバランスが改善したためでは、と説明しておきました。 

本日の入江歯科3.21:小さい入れ歯は難しい

杉並区今川の入江歯科院長の入江毅です。  入れ歯の調整について  小さい入れ歯程,慣れるのが困難です。(なくても咬める場所がありますから当然です。また、後ろの歯がない場合が多いため、なお更です。)  そのため、最初は入れ歯の噛む力を5、6割に調整して、入れ歯の慣れを優先にしています。 慣れてから、咬ませるのは簡単です。 ばねも最初は、ややゆるめにして、入れ外しに慣れてから、必要なら締めるようにしています。

本日の入江歯科3.14

杉並区の入江歯科院長の入江毅です。 実は、卵料理(オムライス)を作って食べるのが、すきです。  では簡単オムライスのつくり方。 用意するものは、卵1,2個、チャーハンの素、あたたかいご飯、ケチャップ又はトマトピューレです。 まず、卵ぬきで チャーハンを作り、ケチャップをかけて、ケチャップライスとします。 後は、薄焼き卵を作り包むだけです。 (卵を包みたくてつくっているようなものです。 半熟前の状態になったら、かき回すなどのプロの技は省略して、サッサと包むののがコツ。 途中で包めないと思ったら、ケチャップライスの上に乗せ、ペーパータオルで整形します。  これも辛い時は、 やり方を変えます。 材料を全部混ぜて、オムレツを作り、元祖オムライス風にすれば、時間に余裕ができ、確実です。(グッチ裕三氏のやり方)  ハムなど入れれば更に良い。 実は、私はコレステロールが高いので、1日卵1こ以下に制限されています。 卵1個なのはそのためです。本当は、2,3個の方がつつみやすいです。 (最近はあまり作りません。) 1度、ヨシカミで食べたい。(1度、店が探せないことがありました。)

本日の入江歯科3.13

杉並区の入江歯科 、院長の入江毅です。   簡単な自己紹介の書き方を習ったので、不定期で書いてみたいと思います。  ブーメランが好きです。(3代目のブーメランが届きました。ロードランナーと言い、木製です。9回全米優勝、3回世界で優勝のChet Snouffer氏には悪いのですが、早速フラップをつけました。これで何とか20m四方で使えると思います。何せ、2回木に引っ掛けて失くしていますから。本当はもう1機、マンティス)   自転車が好きです。(遠征はしていません。近所を休みの朝、一回りするだけです。暖かくなったら出かけたい。)   太極拳が好きです。(ラジオ体操代わりにたまにやるだけです。)   ウインドサーフィンが好きです。(2ヶ月以上,海に行っていません。 寒いせいもありますが、何かと忙しく冬眠状態です。)   診療の関係では、終了証を作りました。 ただ今、校正中です。 しばらくお待ちください。

ビタミンEの摂り過ぎに注意!

今日のラジオのニュースで、マウスの実験で、ビタミンEを過量に与えたところ、全例で、骨そしょう症になったそうです。 この結果を元に、ビタミンEの制限が決めて行くそうです。  アンチエージングのために、過量に取るのは避けたほうが良さそうです。(アリナミンEXをたまに飲んでいるので、気になります。 前の健診で、骨量が少し少ないと言われたことと関係がありそうです。父母は、エーザイのユベラを飲んでいます。)    翌日の新聞(朝日)により詳細 がわかりました。  マウスの実験は、人間に換算すると、60kgの人に毎日1000mgのビタミンEを与えたと同じだそうです。  日本では、1日800mgまでの制限がかかっているそうです。 もっとすくない量の実験をこれから行うそうです。  ちなみに、アリナミンEXは、1日量は100mg位です。 ユベラは、1日300mgです。  当面、心配はいらないようです。(アメリカには、1日1000mgの物があるようです。)

高齢者でも、1日たんぱく質60g

朝夕15分死ぬまで寝たきりにならない体をつくる!(すばる社)p194より   正確には、1日体重1kgにつき、たんぱく質1g(75才以上は0。8g)  具体的には、良質なたんぱく質を多く含み、脂肪の少ない鶏のささみ、牛のモモ肉、マグロなどの赤身の魚、牛乳、卵、豆腐など。  動物性タンパクは、貧血予防のヘム鉄を含む。

バナナとりんごで体のサビ予防(酸化予防)

死ぬまで寝たきりにならない体をつくる!(すばる社)p197より   毎日、りんごとバナナ(又はオレンジ)を半分づつ食べることを勧めています。  抗酸化物質が多く含まれ、適量を毎日食べ続けると、細胞の酸化(さび)を防ぎ、認知症予防効果もあるそうです。(米国コーネル大学のリー教授ら)

ストレッチで血管を柔軟に

今週水曜日1chの「ためしてガッテン」より(2012.1.25放送で、題名は「30秒で肌が!血管が!冬の若返りストレッチ」です。)  ストレッチで、血管が柔らかくなるようです。 目安は、立って前屈し、足首に指がつくかどうかだそうです。  肝心のストレッチは、6種類です。(いずれも気持ちいいと感じる程度まで伸ばす。痛くないこと。)  1.床にすわり、足は両方前に投げ出し、そこから片方だけ、曲げて正座の位置に。 上体を後ろに反らす。30秒。反対も。  2.うつ伏せに寝て、両手をつき、頭を上げて反らす。へそを前に突き出す感じで。30秒。  3.床に座り、両ひざを90度位に曲げ、右足を組む。上体を右に回し、後ろをみるように。30秒。  足を変えて、反対も。   4.立って(又は座って)、反対の手でヒジをゆっくり引く。30秒保持。反対も。  5.片ヒザを立ててしゃがみ、ヒザに上体をのせて、ゆっくり足首を曲げていく。ゆっくり呼吸をしながら、30秒保持。反対も。  6.床に仰向けになり、ヒザを両手でかかえるようにして、お腹に近づける。 ゆっくり呼吸をしながら30秒。反対も。    その他、心肺が若返る呼吸筋ストレッチも紹介されました。 両肩の上げ下げ、両手を組んで、伸ばし背中を丸め、戻す。 立って、片方の手を頭の後ろにあて、もう一方を腰にあて、鼻から息を吸う。吐きながら、ヒジを持ち上げるように、体の側面を伸ばす。元に戻す。左右10回。    詳しくは、「ためしてガッテン」HPを見てください。(プリントは9ぺージになります。)

立ち姿勢、座り姿勢が大事

死ぬまで寝たきりにならない体をつくる!(すばる社、1470円)p176より   腰痛予防にもなります。 悪い姿勢の矯正法は簡単です。  腹筋に力を入れて、お腹を凹ませ、それから、頭を真上に軽く伸ばす。(頭の天辺から、糸でつるされている感じ)  この姿勢を維持する。(意識をしておき、そのつど、修正でも腰痛予防に効果)  これで、全身の筋肉、関節を健康な状態に維持し、介護生活を遠ざけることが十分可能、と書いてあります。  その後に、腰痛ストップ体操がいくつかかいてありますが、大事なもの1つだけなら、立ち姿勢、座り姿勢となると思います。

ひざ痛と腰痛の予防体操

2012.1.19 2ch(Eテレ) 午後8時より 「すこやか長寿」より   講師は大田仁史先生です。  ひざを伸ばし、足先をもう一つのイスにかけ、15秒保持。反対も。(手で押してはいけない!)   イスに座り、かかとを上げて、へそをのぞきこむような姿勢で、腹筋に力をいれる。5秒、3回。  足首を組み、上下に押し合いをして5秒。3回。  イスで右足を組み、右に上体を後ろに回し、左手は背もたれを持ち、右手は後ろに伸ばす。 15秒。3回。反対も。 イスに座ったまま、足幅は1,5足にして。両手をあわせ、太ももの間に挟み、5秒押し付ける。3回。   その他に、骨盤底筋を鍛える体操がありました。  今週木曜日の12時(Eテレ)からの再放送で確認したところ、イスに座り、かかとを上げて、肛門を締める。1,2,3と締めて、4でゆるめる。(介護予防体操、講談社より、番組の中では、時間、回数は言っていません。)3回ぐらい? (失禁予防の体操にもなる。)    参考:「いっぱつ体操」(NHK出版,大田仁史著) 介護予防体操(講談社、大田仁史著)  サイト内検索で「自宅でのロコモ体操」

がん予防の12か条

ピンピンコロリの法則(ワニPLUS新書)p151より (財)がん研究振興財団作成です。  バランスの取れた栄養をとる。(いろどり豊かな食卓にして)   毎日、変化のある食生活を。(ワンパターンではありませんか?)  食べすぎをさけ、脂肪は控えめに。(おいしい物も適量に)  お酒はほどほどに。(健康的に楽しみましょう)  たばこは吸わないように。(特に新しく吸いはじめない)  食べ物から適量のビタミンと繊維質のものを多く取る。(緑黄色野菜をたっぷりと)  塩辛いものは控えめに、あまり熱いものはさましてから(胃や食道をいたわって)  焦げた部分はさける。(突然変異をひきおこす)  カビの生えたものに注意。(食べる前に注意して)  日光に当たり過ぎない。(太陽はいたずら者です)  適度のスポーツをする。(いい汗をかきましょう)  体を清潔に(さわやかな気分で)      著者の強調しているのは、最後の「体を清潔に」です。(週3回の入浴で良いとされるが、体の汚れと相談して出来るだけ)  寒さと温度較差に気をつけて。  自宅では、毎日入浴し、温度は熱過ぎない様に管理、湯の量は浮力を考慮して適度、時間は6分でタイマーで計る。(イヤがられているかもしれません。 が、安全第一です。)

ゆる手ぬぐい

災害時の体のセルフケアに使えるゆる体操を10種類図解した手ぬぐいを10枚買いました。 希望の方は、申し出てください。(1枚につき、2枚の手ぬぐいを被災地に送るそうです。)

自宅でのロコモ体操に「ヒザこぞ」を加えて

前に書いた「自宅でのロコモ体操」に「ヒザこぞ」(高岡英夫考案、運動科学総研)を加えました。

前のままでは、効果が出ない(継続しにくいようです。)からです。

そこで、「ゆる体操で一生介護いらずになろう!」(講談社、高岡英夫著、1365円)を読み直しました。

左右1分づつで効果があるようです。

簡単なので、続けられそうです。

参考:自宅でのロコモ体操

ヒザこぞ体操は,「ゆる体操について」   を見て下さい。

年金暮らしで1億円は?

ピンピンコロリの法則(ワニブックス新書)p189より  最後に付録として、健康・長生き度チェックが20項目あります。 最後に、「年金暮らしで臆万長者なんて、夢のまた夢」とあり、読み返すと、社会保険の場合で、90歳まで生きると、年金受取額が1億円となる人多い、とあります。(国民年金の場合、約3000万円。 毎月の保険料が多かったわけですが、源泉徴収で気づきにくい。) 何が言いたいかというと、長生きして、保険料を少しでも取り戻そうとすることを励みに、健康長寿目指していこうということだそうです。(払った分くらいは取り戻して生きたいものと考えますと言っています。)  かかりつけの歯科医師を持ち、健康長寿を目指してください。

杉並区は長寿

ピンピンコロリの法則(ワニブックス新書)p106より   全国の市町村別平均寿命2009によると、男子は、杉並区が80.7歳で 12位(1位は横浜市青葉区で81.7才)です。 23区内では、3位(練馬、目黒の次)、女性も、目黒、世田谷、練馬、渋谷につぎ5位、僅差です。)  環境がよいようです。   守るべき生活習慣をあげます。 運動をする(1週間に1度でも効果、自分が楽しいと思えるもの)。 適度の睡眠をとる。 朝食を取る。 喫煙をしない。 適切な飲酒。の5つです。   気になっていた、かかりつけの歯科医の話も出てきました。港区芝歯科医師会との協同研究(2800人調査)で、生存率が維持されるそうです。 「口腔ケアが望ましいほど、主観的健康感が高く、外出頻度が高くなること」を示せたそうです。

スマートホンは、1月7000円

年末になり、携帯電話の広告が多く入ります。 どんなものか、見てみようと、近くのドコモに行きました。 日曜の為か、店は混んでいて、30人近くいて、60分待ちの表示です。 実物を使えるコーナーも人が多く、目指す商品にとりつけません。(ギャラクシーS2とスライダー) やむなく、パンフのみを持ち帰りました。  毎月の料金を見ると、SSプランとパケホーダイダブルとspモードで6800円、WiFi契約も加えて7100円位(通話料含まず、無料通話料1000円はあると思う。)です。  現在の体制が、普通の携帯電話とiPad(WiFiの16GB)なので、月に5000円増額になりそうです。  今回は見送ることにしました。 でも、あの熱気です。 年末には、大量に売れると思います。(特に、写真を指でスライドさせる、拡大する所が魅力的で、思わず買ってしまうのも無理ないと思われます。)  個人的には、 自宅などのインターネット回線に、無線LANをつけて、WiFiのタブレットを持つことが、一番経済的と思います。 (外で使いたい時は、ポケット無線ルータを買い足す。使わない時はスイッチをOFF。 公衆無線LANも増えつつあるようです。 実用的には、立ち上がりが遅いですが、モバイルノートの選択もあると思います。)  タイプの早い方には、擬似キーボードの反応が遅いという方がいるかもしれません。(私には十分。カチカチ音{iPAd}が心地よい。) 有線の外付けキーボードを加える方法(iPadの場合)もあります。

ピンピンコロリの法則

今日、ブックサービスより届きました。 ワニブックスPLUS新書、798円です。 これから読みます。「 帯に、こんな人が長生きです。 よくおでかけする。 毎日お酒を飲む。 かかりつけの歯医者がいる。 財布は自分がにぎる。 仕事をしている、ボランティア活動をしている。 自分は健康だと思う。 」とあり、3番目は、歯医者としてはうれしい言葉です。  解説すれば、噛む力が維持されやすいので、脳の活性化、消化の促進、栄養補給が十分、唾液がよく出て、感染予防、肺炎予防、よく話せる( 他人と会話は特に脳刺激)、通院することで、適度の運動になる(知っているので、何とかたどり着けるという人もいます。)、という所と思われます。 これから読んでみます。 

子供とたのしむ 101のあそび

子供とたのしむ101のあそび(童話館出版、1500円)を買い、待合室に置こうと思います。 昔懐かしい手じかなものでできる室内、屋外の遊びが101種類書いてあります。 知らないものもありますが、読むと、なかなか新鮮です。 ちいさいお子さんのいる方には、大変参考になるのでは、と思われます。  例えば、折り紙、紙ひこうき、ハンモック、タオルドーム・手でっぽう、舟をつくる、つくって遊ぶ、チャンバラ、水でっぽう、クッキー、お好み焼きをつくる、星空をながめる、石をひろう、ピクニック、川で水遊び、砂浜で遊ぶ、、などです。(かなり自分の好みで選択しました)

太陽電池で動く自転車乗り

待合室の下駄箱の上にあります。 木製の自転車乗りの模型が太陽電池で自転車をこぎます。 但し、夏の日差しでないと、動かないようです。 60ワットの電球、20ワットの電球(アロマライトのもの)なら、近づけると動きます。 相当減速しているのですが、太陽電池の非力が解ります。  同じものを買いたい方は、高島屋通販で、「ソーラーパワードウッディンバイカー」(4791円)の名前で売られています。

朝夕15分、死ぬまで寝たきりにならない体をつくる

昨日届いた本の題名です。 整形外科医、宮田重樹氏の書いた1470円の本(すばる社)です。 まだ読んでいません。 毎日動けば体はさびない。 メタボ、運動不足、腰・関節に持病あり、転倒が怖い人むけだそうです。  内容は、寝たきりの3つのポイント。 ちじみ思考をやめ、精神を若く。 介護予防トレーニング  転倒を制す。  老化と病気を防ぐ食べ方と生活習慣。だそうです。

ボールで体力づくり

3,4年前の朝日土曜beの「新かんたんリフレッシュ」より   講師は湯浅景元氏。 大き目(60cm位?)のバランスボールに乗り、両手を広げ、片足を上げ、伸ばす。10秒。反対も。    ボールに座り、両手を広げ、上体を左右にずらしてバランスを取る。繰り返しリズミカルに左右にずらす。(慣れないうちはイスなど二手を置いて、転倒を予防。)   前のロコモ体操にもなります。

メタボ対策

杉並保健所による「杉並ウエストサイズ物語」のパンフより   食生活編・・・お菓子類、脂っこいもの、アルコール類は控えめに。 緑黄色野菜を多めに、塩分は控えめに。 たばこは心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めます。きょうから禁煙を。   運動編・・・1日1万歩を目標に、生活の中に歩くことを取り入れていきましょう。(万歩計は着けるだけで、結構やる気をになると思います)     自分にあった運動を見つけるのがベスト。  水泳やウォーキングなど(自転車も入ると思うが、事故が多発しているので、充分な注意が必要です。)、軽めの運動を長めに行う有酸素運動が適しています。 体脂肪が燃焼するのは、始めてから20分以降といわれています。 無理のない運動を楽しみながらゆっくり行う。 {運動ぎらいの方は、足踏み、イスで足踏み、片足立ち、イスで自転車こぎ(商品名:ルームマーチ)など色々あります。 湯浅景元先生の運動も参考になると思います。 「サイト内検索で「湯浅景元」で検索。 家で家族にやってもらう高齢者用の体操は、「自宅でのロコモ体操」で検索}

サイバーテロ

2011.11.19 1ch 「ニュース深読み」より   一部のしか見ていませんが、半年で890件あったそうです。 対策は、1.セキュリティーソフトを入れる。  2.不明なメール、写真、データはクリックしない。(ハッカーはアノ手この手で、クリックさせたがっています。( レスポンスを踏ませるというそうです。)  3.メールをテキストモードにして閲覧するとの投稿を見つけました。解る方は参考にしてください。  後は番組HPで11月22日以降に概要がでるそうです。 

ロコモ体操(すこやか長寿より)

2011.11.17 デジタル2ch 午後8時から「すこやか長寿」より   講師は帝京平成大学の教授の方のようです。    片足立ち・・・左右1分づつ(ささえあり)1日5回  スクワット・・・壁のコーナーで足を90度位に開き、足の人差し指とヒザが同じ方向を向くように、ヒザ曲げする。1度に5回。1日10セット。   足のストレッチ・・・床に座り、足を開き前屈。(ヒジがつくのが目標。 ヒザ曲げても良い。痛くない範囲で。) 足を閉じて同じく。 足裏を合わせて同じく。   背中のストレッチ・・・ワイパー運動:仰向けに寝て、足を上げる。 両足を左右に揺する、 ひざを閉じて同じくする。  肩のストレッチ・・・イスに座り、右手で左の背もたれをつかむ。出来るだけ後ろを見る。顔だけゆっくり前に振り返る。 反対も。  ヒジまる体操・・・右手で同じ方のエリ近くをつまむ。 肩甲骨を意識して、手を回す。 反対周りも。 左手も同様に。  できたら、クロール、背泳ぎ、バタフライ、平泳ぎのまねで、回して、合わせて1分(?)ぐらい行う。詳しくは、「nhk 生活者ネットワーク すこやか長寿」で 検索。

シコトレの基礎

1日1分のシコトレで股関節からカラダが整う!(青春出版社、1220円)p18より

腰割り・・・両足を肩幅より広く開き、つま先をやや外側へ向けてスタートポジションをとる。(両手を脚のつけ根に当てて、股関節の動きに意識を向ける。)

上体を真っ直ぐに保ち、各ポイントをチェックしながら、股関節を開いていく。(上体は真っ直ぐ。 左右の足の重心は内くるぶしの真下。

つま先とヒザの向きは同じ。 腰を下まで落とした時、すねが床から垂直になっていること。)

腰をゆっくり下ろして、気持ちがいいと思うところで止める。 (痛いはダメ。 上体を前傾させない。 骨盤は水平に。 重心線にのる。 息を吐きながら、腰を下ろす。 肛門括約筋を締める。)

あとに、伸脚、股割りとあるのですが、しばらくこれだけやろうと思います。

参考:相撲健康体操

ちつトレからの骨盤底筋体操

ちつトレ(マガジンハウス、荻原かおる著、1260円)p13-15より     足を肩幅に開き、手はお腹。 頭を天井に引っ張られているイメージで立つ。 息を吸いながら膣を締めて5秒かけてへそ裏まで引き上げる。 最初は肛門を閉めるようにするとやりやすい。  そのまま、息を止めて5秒キープ。5秒かけてゆっくり息を吐きながら膣(お尻)を緩める。  これらを朝15回。     昼には、これらをイスに座って行う。 15回を2セット。    夜は、同じように立って、手を頭の後ろにして、息を吐きながら5秒かけて、しゃがみ、膣(お尻)を緩める。  息を吐きながら、膣を締めて引き上げつつ立つ。 膣を締めたまま55秒キープ。 これらを15回。   男子の場合は、ちつを相当部分に読み替えると思われます。(完全に女性向きの本で、内容を知っていれば、絶対に買わないと思います。)

受診時定額負担金に反対を

今までの負担に加え、毎回定額(例えば100円)を窓口で払うものです。 高齢者、病気がちの方の負担が増えます。  受診を控え、重症化することにもなります。 反対の署名を是非、お願いします。 11月22日まで。

爆問学問で古武術

昨日の1ch午後10時ごろの番組です。  久しぶりに、甲野善紀先生の登場でした。 特別ゲストに、バルセロナ五輪金メダルの吉田秀彦氏(108kg)でした。 幾つか技をみせていました。 前と全身の力を出す手の形が変わっていました。 再放送(おそらく深夜)もありますので、見ると驚くと思います。待合室には、前に出た「まる得マガジン、暮らしの中の古武術活用」が置いてあります。

自宅でのロコモ体操

家族のために組み立てました。

大田仁史先生、湯浅景元先生、高岡英夫先生の本を参考にしています。
イスに座り、ヒザ上げ左右30回。
ひざ伸ばし、7秒3回左右。 ヒザ曲げ、7秒左右3回。  両手を組んで太ももの間に置く。
かかとを上げたまま、太ももで手を挟み圧迫7秒。3回。
床に仰向けに寝て、ヒザを立てる(90度位)。
頭と肩を上げて7秒保持。3回。(余裕のある方は、足を少し上げ、手は水平にして。かなりきつくなります。)
立って、片足立ち20秒左右3回づつ。
軽くヒザ曲げ10回。3回。 足踏み20回。かかとだけ上げる足踏み20回。足踏み20回。
これを2回。  ルームマーチを時速3キロ位で10分。
これらを午前2回。午後2回。の予定なのですが。 (平均1回?)
回数、強度は、相手に合わせて、上げ下げしています。
最近、両手を組んで、太ももを締める運動の後に、「ヒザこぞ」を入れました。

参照: 自宅のロコモ体操に「ヒザこぞ」を加えて

自宅での骨盤底筋体操

イスに座り、両手を組む。かかとを上げたまま、太ももの間に両手をはざみ、押つぶすように寄せて7秒保持。3回。   イスに座り、ヒザを上げて下ろす。左右30回。  以上です。  今読んでいる「ちつトレ」から、新しい運動を探しているのですが、目的が違うので、難航しています。(完全に女性向きなので、読みづらくもあります。)    ひざを曲げて腹筋(頭、肩が上がれば良い)も効果あると思います。

ルームマーチ3代目

通販で3代目ルームマーチが売り出されました。 自宅にあるのは、おそらく2代目となるルームマーチDXです。 外観は変わりませんが、3代目は、速度が4つのみ。 2代目は、無段変速と違うようです。(使う層を考え、低速の方4速のみして、値段を下げたようです。(13800円から10000円に)  自宅は、初代から使っています。 長年使い、安全のためのペダルのすべりが大きくなり、空回りするようになり、1年くらいだましだまし使っていました。  自宅では、主に、ロコモ体操の後、散歩の後の整理運動用に使ってもらっています。 (無理なく、眠っても回り続けます。)  効果は、足踏み程度ででしょうか? 手軽なのが良いところと思います。

クノンボールは安定が良い。

腰周りを柔らかくし、体幹を鍛えるのに、バランスボールに座るのが良いことはよく知られています。  20cmくらいのボールでは安定感が十分ではありません。(慣れれば大丈夫ですが)  前から気になっていたクノンボールが付録についている本があり、買いました。(1890円位?、自由国民社) 膨らますと、25cm位になります。 表面が滑り止め加工がされていて、ボール初心者でも比較的安定します。 20分ほど乗ればよい。(最初は、どこかに手の支えをしてかまいません。)

快腸生活法

原則、午後9時以降は食事をしない。(食べる場合でもごく軽く3分の1ぐらいで済ます。)  朝食事後に、四万十アロエ20ccを水で出来るだけ薄め飲む。 夕食後は、ビフィーナ50を1つ、コップ1杯の水で飲む。 以上です。 アロエは、味は良くないですが、便秘気味の方にはよく効くと思います。( 寝る前のアロエは、避けたほうが良い。私の場合)  毎日、ラジオ体操、通勤時に、往復で3.5km歩いています。

寝たきりを防ぐ体操

きょうの健康HPより    ダイナミックフラミンゴ体操、とスクワットです。  最初の方は、立って、机か壁に、片手をかけて、片足立ちを左右、1分づつ上げるものです。  スクワットは、足をかかとを中心に30度開き、ひざを足先のひとさし指方向に曲げて戻す。(ヒザは90度以上曲げない。)  詳しくは「きょうの健康 寝たきりを防ぐ体操」で検索  http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2009/09/0910.html

転倒予防に欲張り体操

2010.12月の「きょうの健康」の録画より    イスに座ってできる体操です。 番組では、365歩のマーチにあわせて体操していました。  座って、腕を振りながら足踏み、かかとだけ足踏み、つま先だけ足踏み、 体を丸めてから、手足を大きく大の字(出来る範囲で)に開くバンザイ体操、片手を横斜め上、反対の手、反対の足を横斜め下に伸ばす斜め伸ばし体操、足を前後に開き、後ろの足を伸ばすストレッチがありました。   最初の5つを歌に合わせて、実演していました。  足踏みからはじめ、 バンザイ体操(人生は1,2パンチ~べそかき歩こうよ)、斜め伸ばし体操(あなたのつけた足跡~花が咲くでしょう)、足踏みに戻る感じです。 ストレッチは立ってやるため、別にやるようです。 講師は首都大学東京の准教授の山田拓実氏です。  参考: 「きょうの健康」に詳しいやり方が、写真つきで書いてあります。 「きょうの健康 転倒予防に欲張り体操」で検索  http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2010/11/1104.html

しこトレで元気になる6つの理由 

今日、届きました。 内容はこれからです。 効果のことかかれています。  股関節gあ柔らかくなる。(リンパの流れがスムーズに)   骨盤のゆがみが改善(基礎代謝が高まる)   肩甲骨がゆるむ、動くようになる(体の免疫力が高くなる)    便秘が解消する    食事制限しなくてもダイエットできる   体が柔らかくなり、張りのある気持ちになる   以上の6つです。   筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学教授の白木 仁氏の推薦がついています。  著者は、元・一乃矢氏です。(青春出版社、1200円です。書名「1日1分のシコトレで・・・」 ) 相撲の稽古の動作を一般の方が安全に効果的に実践できるように紹介しているそうです。 図解が多く、ページ数も96ページで解りやすそうです。 これから読んで試してみたいと思います。

四股トレ

昨日(2011.10.28)の朝日夕刊に、「1日1分のしこトレで股関節から体が整う」(青春出版社、1220円)が出ていて、注文しました。 著者は、元力士の方です。(貴乃花ではありません。こちらは、シコササイズ、2500円くらい) 四股踏みが良いことは、斉藤孝先生も言っています。 どんな本か楽しみです。

餃子ロールキャベツ

子育てレシピには、餃子鍋の本格的つくり方が書いてありますが、面倒なので、ぎょうざロールキャベツにしました。 コンソメスープを作り、温めた餃子をキャベツで包んで、煮込むだけです。(まだ、試していない。) または、スープに千切りしたキャベツを入れて煮込み、スープとして、温めた餃子をつけて、食べる簡便法もあります。  材料は、コンソメ、キャベツ、冷凍餃子だけです。 物足らない方は、適当に材料を加えてください。

ちつトレ

今日の朝刊の下の図書欄に、ちつ☆トレ(マガジンハウス、荻原かおる著、1260円)が出ていました。 「あさいち」のセックスレス対策の本ですが、骨盤底筋を鍛える体操なので、失禁予防にも効くはずです。 早速、注文しました。 聞き逃した体操がHPで探した体操と違うようなら、また書きます。 本が届きました。 完全に女性向きの内容で、最初の体操をアレンジするよりなさそうです。  

掃除ロボット

通販(ディノス)の1万円のものです。 回転ブラシが回り、ゴミを集め、吸い込み口から吸い込む構造です。 動きは思ったよりゆっくりです。 通った後は、かなりきれいです。 基本機能のみ(スイッチは電源だけ)ですが、確実に仕事をこなすようです。 待合室、診療室のモップがけの替わりをさせようと思います。 

地震 その時10のポイント 

東京消防庁のパンフより    ぐらっときたら身の安全    落着いて火の元確認、初期消火   慌てた行動 けがの元   窓や戸を開け、出口の確保   落下物、あわてて外に飛び出さない。    門や塀には、近寄らない。   正しい情報、確かな行動   確かめ合おう、我が家の安全、隣の安否    協力しあって救出、救護   避難の前に安全確認、電気・ガス

帰宅困難者心得10ヶ条

東京消防庁のパンフ 東京都地域防災計画 震災編 より   1.慌てず騒がず、状況確認。  2.携帯ラジオをポケットに。   3.作っておこう帰宅地図。   4.ロッカー開けたらスニーカー(防災グッズ)   5.机の中にチョコやキャラメル(簡易食料)   6.事前に家族で話し合い(通信手段、集合場所)   7.安否確認、ボイスメール(災害伝言ダイヤル)や遠くの親戚   8.歩いて帰る訓練を   9.季節に応じた冷暖準備(携帯カイロやタオルなど)   10.声を掛け合い、助け合おう。   だそうです。

骨盤底筋の体操

2011.10.19 1ch 「あさいち」より   番組の主題の中で、失禁予防の体操として行われる骨盤底筋の体操が、紹介されたようです。 動作を一部見ただけで、太ももを内側に締めて、ヒザを曲げているようにしか見えませんでした。  HPで、「あさいち」で紹介された骨盤底筋の体操を見つけました。 1.立って、お尻とお腹に手を当てる。  2.肛門と膣を締めたり緩めたりを2,3回繰り返す。 (体の内側の筋肉を動かすイメージで。 お尻とお腹は動かさない。 骨盤底筋を全体をゆっくりお腹の中に吸い込むイメージで。  又は、ハンドタオルを太ももに挟み、イスに腰掛け、タオルをお腹と膣で挟んで持ち上げるイメージで。)   3.締めたり緩めたりを1回として、5~10回繰り返し、1セットとする。  1日3~8セット。   尿トラブルの8-9割に改善が見られる。  参考: 「ちつ☆トレ」(マガジンハウス、荻原かおる著、1260円)

布団のダニ対策

2011.10.18 1ch 「あさいち」より    布団の掃除機掛け・・・20秒1平方mあたり(1枚1分、これで表面のダニと中綿のダニの糞が取れる。全体の0.5%だが、アレルギーには十分。 中のダニは出てこない。 1週間に一度くらい。)    布団の洗濯・・・カバ-を外し、布団を丸め、真ん中を荷造りひもでしばる。 洗剤は、天然素材の粉石けんがおすすめ。(よく溶かし、泡立てて使う。) 柔軟材は、クエン酸を使う。(リンスのような感じ)  乾いたら、少し伸ばすと良い。 洗濯王子の指導でした。

水野裕子の本格太極拳

2ch(アナログは3ch)で、まる得マガジンという番組に、あの難解な陳式太極拳(17式らしい)を取り上げています。 録画は取りました。 1回に3つ紹介しています。 テキストを注文中です。 果たして、身につくのでしょうか? 10年以上前、本を買ってだいぶ研究したのですが、身に付きませんでした。(64式だった?)

転倒予防体操

2011.10.13 3ch pm8:00-8:30 「すこやか長寿」より  講師は筑波大教授 久野譜也氏です。 内容は、いつものイスの立ち上がりを10回連続できるかがテストのようです。(録画失敗し、HPの項目から推測です。) あと、スクワット、ひざ伸ばし、もも上げ、後ろ足伸ばし(イスの背もたれに手を置いて)、上体起こし(ヒザは曲げて行い、頭、肩が上がれば良い)となっています。 前回を参考に、2,3番はイスに座って。  

「鼻から吸って鼻から吐く」と落ち着く

自分で疲れを取る日々の整体(静山社、片山洋次郎著)p209より   鼻から吸って口から吐くのは、テンションを上げる時の呼吸の仕方だそうです。 鼻から吐くほうが、力がゆるみやすいし、骨盤もゆるむそうです。 睡眠中一番ゆるむはず。 (睡眠の深さと関係)  身体が(骨盤が)ゆるみきらないと、十分な集中力は生まれないそうです。  ということで、睡眠前に、これをやりましょうということだと思います。

腰骨5番の微妙運動

自分で疲れを取る日々の整体(片山洋次郎著)p158より   仰向けに寝て、ヒザを立て、仙骨を上下に動かす。 だんだん動きを小さくして、1cm以内にしたい。 胸の緊張をとる。 息を吸う時に、尾てい骨を上げ、吐くときに戻す。 効果の程はこれからです。

« 1 2 3 6 »
PAGETOP