杉並区今川の入江歯科院長の入江毅です。

昨日の3ch午後8時からの「すこやか長寿」より

講師は順天堂大学名誉教授の武井正子氏です。
タオルを両手に持ち、手の間隔を適度にたもちながら、息を吐きながら、伸ばす体操です(曲げも一部ありました)。  両手にタオルを持って、息を吸いながら手を上に上げ吐きながら下ろす。2,3回位。  上げたまま、左右に曲げる。2回づつ。
手を前にして、左右にひねる。左右2回。
手を前にしてから、伸ばしたまま、息を吐きながら前屈する。
半分戻す。 2回。 すべて、息を吐きながらするのが大事だそうです。
また、手を視線で追うと、よく動くとの話がありました。  タオルを2つに畳んで片手に持ち、前後に大きく振る。タオルを目線で追うように。前で左右を持ち替え、左右2回づつ位。
胸の前でタオルを横に持ち、ピンと伸ばして、片足立ち。 左右2回づつ。
以上を音楽にあわせ、運動し、最後にもう一度、手の上げ下げの呼吸をして終わる形でした。
覚えやすく、うまくいけば普及するかもしれません。

2013.2.21 Eテレで同じ講師による タオル体操の改良版の記事は、  サイト内検索で、「タオル体操」を検索してください。