「ゆっくり動くと人生が変わる(PHP文庫、小林弘幸著)P135より   歩き方の解説がありました。 背筋を伸ばして、肩の値kらを抜く。 それから、頭の中心がまっすぐ空につながっているような意識で首を伸ばす。 脚ではなく、おへそから前に出すような気持ちでゆっくり一定のリズムで歩く。   理想の歩き方だそうです。  これで、気道ががまっすぐになり、呼吸が自然にゆっくり深くなる。  副交感神経が上がり、自律神経のバランスが整い、血流がよく、気持ちまでさわやかに落ち着くそうです。 例はタイガーウッズの歩き。 その日の成功・不成功さえ左右するそうです。