唾液の量が口臭と深い関係にあります。   そこで、1口30回噛んでという運動がある。「噛みんぐ30」といいます。  効用は、食べすぎ防ぎメタボ予防。(ゆっくりとよく噛んで食べると、満腹中枢を刺激して食べ過ぎの予防になる。)  脳の発達。(よく噛むことが脳を刺激して、脳の働きを活性化して、記憶力をアップさせます。)  歯周病や虫歯を防ぐ。(よく噛むと歯の周りに歯垢が付きにくく、虫歯や歯周病の予防になる。)   味覚を発達させる。舌の味覚細胞を刺激して味覚が豊富になる。)   唾液の分泌を促進(唾液の分泌が多くなり、口の中を潤し、食べ物の消化を助ける。)  「た、の、し、、み、だ」と覚える。  監修:川口陽子教授