3歳までは砂糖なしで

食育は、歯科医療を変える(クインテッセンス出版)より   3歳までは、砂糖なしで育て、色々な味を育てることの重要性を強調しています。   繊細な味のわかる子に育てる。薄味の大切さ。   そのために、1日3回の食事をしっかり取る。 早寝、早起きし、十分遊ばせ、お腹が空いてから食事。 途中、お腹が空いた時はおにぎり、パンで良い。(4回食と考える) 野菜スティック(きゅうり、ニンジン、セロリなど、必ず付き添って)  プレーンヨーグルトに砂糖、ジャムを入れない。  本物の歯ブラシを持たせる。(口に入れる練習、必ず付き添って)   何でも食べられる味覚形成うぃ優先させよとしています、   また、その後も、おやつは砂糖スティック3本(24g)までにする。(大人も子供も)   おやつの絵を示し、砂糖何本分か当てるクイズが効果的だそうです。  カステラ50g・・・3本  メロンパン130g・・・4本  スポーツドリンク340g・・・3本  アイスクリーム120g・・・3本   ヨーグルト120g・・・2本 炭酸飲料350g・・・5本! 野菜ミックスジュース280g・・・2本

繰り返しますが、おやつは砂糖3本分までです。

次の記事

インプラント