2016.6.25 朝日新聞「元気のひけつ」より

講師は、林松彦診療部長(慶応大)、管理栄養士の北川みゆき

むくみの主な原因・・・長時間座ったままで作業する。ふだんから運動が不足している。

対策・・・座りながらかかと上げ、1日30分ほど、早足で歩く。

むくみを防ぐ食事・・・カリウムの多い食品を食べる。(トマト、スイカ、バナナ、オクラ、モロヘイヤなど)  ハム、かまぼこなど塩分の多い食品は食べ過ぎない。  かぼちゃ、トウモロコシもカリウムが豊富だが、糖質も多いので食べ過ぎない。

ただ、心臓病や腎臓病の人、普段から高血圧の薬を服用している人は、カリウムをため込みやすく、医師に相談が必要。

体重が、朝夕で著しく増加したり、継続的に増加の場合は、病気が隠れている可能性があるという。