2015.6月「毎日が発見」p31より

講師は三矢八千代氏。  背もたれに向かい、椅子をまたいで座る。 背中をまっすぐに伸ばし、気持ちが良いところまで背もたれに近づき深く座る。(股関節が広がる。)    壁から1足分はなれ、両手を壁につく。 ひざを開きながら持ち上げ壁につく。(左右)  おへそを壁に近づける。   壁から半足分離れ、つま先を外に向けて立つ。 股関節を広げ無理のないところまで開く。  頭、背中、腰を壁につく。   この3つのどれでも良いそうです。   他に、6箇所のストレッチがありますがが、p26-33にあります。   全身のバランスの要が腰で、股関節の可動範囲広いと、全身の筋肉のバランスも良くなります。 当然、顎の筋肉にも好影響があるはずです。