2015.9.5 朝日「元気のひけつ」より

夏の疲れを引きずる「秋バテ」
1.運動(ちょっと嫌なことをする、ちょっときつめ)・・・階段を使う、電車の中では立つ。
2.入浴(ぬるめの長風呂で睡眠に入りやすく)・・・38-39度ので30分(心臓の弱い人は除く)
3.食事(冷たいものをとり過ぎない)・・・なるべく常温や温かいものを食べる。(ざるそばより、かけそばなど)
4.服装(体を冷やさない)・・・脱ぎ着しやすい服装で温度調節できるように。 腹巻・カーディガンなどがおすすめ。   内臓冷えに注意。

参考:ウーマンウェルネス研究会