削る量を最小にするようにしています。M.I.(最小浸襲)と言います。過去の削りすぎ(調査の統計による)の反省からでたものです。
場合によっては、全く削らずに、コーティングや詰めることもあります。