一生太らない体をつくる腸健康法(藤田紘一郎著、大和書房)p199より

1.ストレスがたまっていると感じるときほど食べない。(食べても直らない。風呂に入り早く休む?)

2.甘いもの・スナック菓子が脳を依存症にしていることを知る。(止まらないように、できている。グルタミン酸など)

3、濃い味は、満腹中枢を狂わせる。素材の味を楽しむ習慣を持つ。(塩分控えて、甘さ抑えて、薄味で。)

4.脳の声を聞かない。腸の声に耳を傾ける。(おなかが鳴ったら、食べるのをやめる?腹8分目?)

5.体調に適した天然の生水を1日1リットル以上飲む。(水の選択は難しいようです。 私は、あまりこだわりません。少し気温が上がり、汗をかきそうな時は、ペットボトルの水、またはお茶を持っていきます。砂糖入りのドリンクはだんだん飲まなくなりました。)