神経が先に残っているか、先が歯の外に出ている可能性が高いです。 いずれにせよ、もうしばらく根の治療を続け、中がきれいになったのを確認し、隙間なくうめる(根充と言う)ことになります。 被せたりするのはその後です。