第一に、咬合調整をするべきです。 歯のゆれの有り無しで、調整量が変わります。 横方向に引っかからないようにします。 それでも落ち着かなければ、被せた者を外すないします。 また、仮の詰め物と、金属のかたさは違うので、調整も異なります。