通常なら抜かなければならない時も、残す方法を工夫しています。
抜くほうが良いときは、良く説明して選択してもらいます。